AirDrop を使えば、書類、写真、ビデオ、Web サイト、位置情報などを近くの iPhone、iPad、iPod touch、Mac にワイヤレスで送信できます。 MacでAirDropを使った時の保存先 AirDropで受信したコンテンツは、常に「ダウンロード」フォルダに保存される。 この設定は変更できない。 に受信されます! ココですね! しかし、私がやりたいのは単純に「AirDropで届くファイルと、Webからダウンロードしたファイルを分けたい」だけ。 写真や映像、連絡先、位置情報などのデータをApple製デバイス間でワイヤレス送信できる「AirDrop(エアードロップ)」。GB単位のコンテンツもサクサク送れる最強の共有機能の利便性や利用方法について見ていこう。 AirDropでできることAirDropとは、近くにいるApple製デバイス同士で … AirDrop ボタン を長押しして、以下のいずれかのオプションを選択します。 受信しない:AirDrop のリクエストを受け付けません。 連絡先のみ:お使いのデバイスは、連絡先に登録されている人からしか認 … 外部リンク:【AirDrop】Macのデフォルトの保存先をカスタマイズ、設定する方法 . AirDropの保存先(受け側がMac PC) iPhoneやiPad、Macからファイルを受信した際はデフォルトの場合、 ダウンロードフォルダ. iPhoneなどのiOSデバイスからMacに写真などを送信する際に便利なのがAirDropです。ただ、受け取るMac側の保存フォルダはデフォルトで「ダウンロード」フォルダになっており、通常変更することはできません。メールの添付ファイルやSa AirDropの受け入れ先は、インストールされているアプリの種類によるみたいですね。 受け入れ可能なアプリが複数あれば、受け入れ先をどこにするかを訊いてきます。