日本学生支援機構(jasso)で奨学金を借りようとした場合、連帯保証人と保証人を引き受けてもらわなければなりません。父や母に兄弟がいなくて、一人っ子の場合には当然親族も少ないですね。保証人になってくれるような親族もいないので、どうしたらいいのか悩んでいる方も多いようです。

奨学金を申請しようと思っても、残念ながら学生一人の信用度ではお金を貸してはもらえません。なので奨学金を借りるにはその他の力が必要になります。それが「連帯保証人」と「保証人」です。もしあなたが将来的に奨学金の返還ができなくなってしまった時に、 「奨学金を申し込むときには、「1.機関保証に加入」か「2.連帯保証人(保証人)を選任」のいずれかを選択する必要があります。 機関保証を使えば、保証人が無くとも借りることができるようです。 保証人付きで奨学金を借りてしまった方には、デリケートな対応が必要で、頭の痛い問題でしょうが、自分一人で解決しようとしないで、できるだけ保証人にもオープンにしたうえで、債務整理することをおすすめします。 保証人にはなりたくない、でも近い親族だったら断るのも断りにくいですよね。 奨学金の保証人を頼まれた時の断り方をご紹介します。 「引き受けられない」と … たとえば身寄りがいなくて保証人を付けることができない、断られて保証人を付けられないで奨学金を利用できるかどうか困っている方に。奨学金には人的保証と機関保証があり、保証人を付けなくても機関保証を選んで月々保証料を支払えば問題なく奨学金を利用することができます。 連帯保証人および保証人として機構が定める条件を満たす人に奨学生本人が依頼し、奨学金の返還について連帯保証人および保証人を引き受けてもらう制度です。 連帯保証人および保証人は所定の書類を提出する必要があります。 奨学金の保証人を頼まれたときの断り方.