今回は、前回記事の続き。この記事では、MacBook Pro 13-inch(late 2011)の純正内蔵HDDをSSDに換装してサクサク環境にする手順をご紹介したいと思います。

いまのMacbookの速さの元になっているのは「ストレージ」です。 なんといってもSSDがMacbookの速さの元といっても過言ではありません。 逆を言えばSSDに交換すれば現役並みのMacbookにできると … MacBook Pro (15-inch, Early 2011)のログイン出来ない表示異常(GPU不具合)を民間修理業者で直してもらったよ! 困ってる人諦めんなー! 修理可能な業者を知っていることが、安心して今後も使い続ける条件になるんですね! Macbook Pro 2009 Mid を現役復帰させる WSLのインストールとVSCodeターミナル設定 vue-routerのルーティングがマッチしない 続・Bloggerへの投稿をMarkdownで書きたい Laradockで構築したMySQLに繋がらない[2018年8月] Bloggerへの投稿をMarkdownで書きたい 古いMacBook Proでもフルチューンすればキビキビ動く! 私が今現役で使っているMacBook Proはearly2011モデル。 今はレガシーモデルとなってしまったので、macOSもMojave以降はサポートされていないため、macOS High Sierraで止まっています。

MacでPythonプログラミングをしたい人向けに、現役エンジニアおすすめMac環境を紹介します。2011年からMacBook Proを使い続け、Mac買い替えやPythonインストールを経験している私が実体験に基づいて説明します。ぜひご覧ください。 ではなぜ「10年もの長い間、MacBookを利用できているのか」、これまでずっとMacBookを使用してきた経験から書いて行こう。 【13.3型 Touch Bar 256GB スペースグレイ】 Apple MR9Q2J/A アップル MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 スペースグレイ 13.3型 Core i5 SSD 256GB 8GB

とうとう我が愛機MacBook Pro(15-inch, Late 2011)が、最新macOS Mojave非対応となってしまいました。(T-T) 途方に暮れれていたところ、グレー的ではありますが、非対応でも強者が作成したパッチツールを使用すればインストールすることができるそうなので、早速愛機にMojaveを入れてみることに…。 壊れなければ、まだまだ現役な「MacBook Pro (Retina, Mid 2012)」です。 台風7号が過ぎて昨日は猛烈に暑かった九州地方です。 MacBook Pro Retina (15inch Mid 2012)は昨日、少し熱暴走気味で2回ほど再起動しましたw。 今回は、こんな古〜いMacBook Proを現役バリバリまだまだ頑張ってもらうために比較的簡単なカスタマイズをしようと思う。 1つ目は、メモリを「8→16GB」へ増設; 2つ目は、「HDD→SSD」に変更; と2回に分けて変更手順などをご紹介します。 以下では旧型Macbook Proがまだ現役で使い続けられている理由について紹介したいと思います。 メモリ増設が自由にできる. こんばんわ!!カキコです!!ヽ(´ー`)ノ 今日は僕のPC環境を少し公開しようと思います。 現在愛用中のMacの紹介をしよう!! 僕が愛用しているPCはmacです。 ずーっとMac。それもMacBook Pro (13-inch, Early 2011) 今2018年だから約7年前から使っている事になるね! 旧型Macbook Pro (MD101J/A) のメリット. MacBook Pro 15インチ(Early2011)まだまだ現役バリバリマシン。 ボクのMac遍歴などを勢い余ってまとめてしまいましたが、とにかくMacBook Pro 15インチが大好き〜ッ!

あなたのMacBook Pro 2011 を蘇らせます。 今後一切の故障の心配なし! まだまだ現役でお使い下さい。 料金は部品代込み 一律 ¥24,800 見積もり不要、最短3日修理対応