退職後にしばらく休んでリフレッシュしてから転職活動を行うことは、リスクも伴います。【転職ブックマーク】では、退職後にゆっくりするのはアリなのか、その後の転職活動の方法などをご紹介しま … では休憩時間が取れない・規則を守らないブラック企業への対処法を紹介していきます。 【1】上司に休憩時間までの目安をきめてもらう ただただ永遠に仕事をこなしていてはいつまで経っても休憩時間は … 休憩時間、ありますか? 会社によっては休憩時間など全くなく、お昼休み(昼休憩)すらないようなところもあります。 私の前社もそうで、朝8時から夜の22時までお昼ご飯すら食べられずにずっと働き詰 … 休憩時間が十分に取れていないのに時給が不当に引かれるのは、有期契約内の退職理由になるのか 公開日: 2017年05月13日 労働時間に応じた休憩が取れていない場合は、上司や適切な部署へ報告して対応を求めましょう。 会社として休憩について理解しておらず、間違った習慣が蔓延してしまっている可能性もあります。 あなたの一声で労働環境が改善されるかもしれません。 労働基準法上、休憩には厳密なルールが存在します。しかし、多くの会社ではルールが正しく守られておらず、適切に休憩が取得できていない現状があります。そこでこの記事では、労働基準法上の45分・60分という休憩と、休憩に関する疑問を徹底解説します。 「休憩に行けないし、取る時間がない」 「休憩が取れないのはもう嫌だ」 「そもそも休憩なしって違法じゃないの?それとも我慢すべきなの?」 休憩ができないことで、もう限界を感じていませんか?