「屋外(おくがい)」は建物の外。「野外(やがい)」は建物の外で、特に広々とした所のことを指す。よって一般家庭の玄関の外のような手狭な空間は「屋外」だが「野外」とは呼ばない。また「野外」には「郊外」や「野原」という意味ある。

「~ておく」という言葉それ自体には、不遜な態度を表す意味はありません。 詳しくは、「おく」の補助動詞としての用法をご覧ください(goo辞書ならば6番目)。 このような意味は、また「<行動する>だけは<行動する>ておく」の文型で典型的に現れる。 聞くだけは 聞いておく 。(=話は聞くけれども後は知らないし関係ない。) また次のような例では、 オクラ(英語: okra 、秋葵、学名: Abelmoschus esculentus )は、アオイ科 トロロアオイ属 の植物、またはその食用果実である。 英名 okra の語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkrama から。 その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれる 。. きょうおくとは。意味や解説、類語。おびえてしりごみすること。臆病であること。「蓋 (けだ) し人には―の心極て多きものにて」〈田口・日本開化小史〉 - goo国語辞書は30万2件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 1000万語収録!Weblio辞書 - Hold とは【意味】(手に)持つ,握る... 【例文】hold a pen firmly... 「Hold」の意味・例文・用例ならWeblio英和・和英辞書 国語辞典の索引「おくか」。おくか【屋下】,おくか【奥処】,おくがた【奥方】,屋下に屋を架す - goo国語辞書は30万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 おくじょうかおく: 意味: 無駄なことを繰り返すことのたとえ。 または、独創性のないことのたとえ。 「屋上」は屋根の上。 「架屋」は屋根を架けること。 屋根の上に屋根を架けるという意味から。 出典 - 類義語: 屋下架屋(おくかかおく) 原産地はアフリカ北東部(エチオピアが有力)。