パリ 2020年5月8日現在. バカンスの少ない日本で育った筆者は、有給消化率世界一のフランスでバカンスを経験して5年になりますが、「連続した日常を“ちょっと休憩”できる」ところが欧州バカンスの良さだと思います。 「休みが長かったら、きっと幸せなんだろう。。」 そんなこと思い浮かべたことはありませんか。フランスは休みが多い国の1つ。ちなみにバカンスという言葉は、フランス語です。 そんな場所にいる私たちは、休みは多いからといって幸せそうな人が多いわけではないと感じています。 長編記事をアップしました :コロナ発言を続ける中村江里子サマと実際のフランス背景.

これまでは毎日ロックダウン中の食材やりくりの節約日記を書いていたので、パリ全体のことがアップできていませんでした。 ですが、フランスにはバカンスをとる習慣があるので、祝日が土日に当たっても大した問題ではないのかもしれません。 では早速、 2020年 の フランスの 祝日 カレンダー をご覧ください。 <フランス・F2>バカンス・国内観光業界テコ入れ bs1【ワールドニュース】|JCCテレビすべて 毎年フランスでは国民の3分の1がバカンスに出かけられない状況にある。すでに600万人の所得が減少、バカンスを諦めている。観光業界の複数の会社が 一方、フランスでは1カ月のバカンス休暇は当たり前。日本とはあまりにも違う長期休暇の文化は、どのような背景から誕生したのだろうか? 「フランスでは、全ての労働者がバカンス休暇を取れるよう法律で定められています。